LINN へ進む

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

光悦 へ戻る

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

All the Cartridges へ戻る

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

All The Cartridges

KUBOTEK

Copyright (C) 2005〜2017 All the Cartridges, All rights reserved

あなたの音質評価を投稿する

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

\450,000

HCTR01

http://cartridges-navi.com/

kubotekのフォノカートリッジ情報、試聴記を掲載したページ


■A'pis

■AUDIOCRAFT

■audio-technica (1)

■audio-technica (2)

■audio-technica (3)

■audio-technica (4)

■audio-technica (5)

■Bluenote

■CLEARAUDIO

■DENON (1)

■DENON (2)

■Dynavector

■EMT

■GRADO

■IKEDA


■光悦

■KUBOTEKフォノカートリッジ,カートリッジ,アナログ

■LINN

■LYRA

■MICRO

■My Sonic Lab

■NAGAOKA

■ORTOFON (1)

■ORTOFON (2)


■ORTOFON (3)

■ORTOFON (4)

■ORTOFON (5)

■PhaseTech

■PICKERING

■PRESENCE AUDIO

■RED ROSE MUSIC

■REGA

■ROKSAN


■SHELTER

■SHURE

■SHURE V15(1)

■SHURE V15(2)

■SHURE V15(3)

■SHURE V15(4)


■SONOVOX

■STANTON

■SUMIKO

■TECHNICS

■Van den Hul

■Victor

■Wilson Benesch

■Yamamoto Sound

■ZYX

■47Laboratory





オーディオ日記

カートリッジ掲示板

カートリッジ音質評価掲示板

LINK

メール

LPレコード

MCトランス

Google AdSense

Yahoo!オークション

KUBOTEK

2008オーディオ銘機賞受賞

■「HANIWA」スピーカーの日本のオーディオブランド、クボテックから発売された「HCTR01」、内部インピーダンスは0.8Ω。

●MC型カートリッジ
●出力電圧/0.35mV
●インピーダンス/0.8Ω(1KHz)
●カンチレバー/ボロン
●適正針圧/1.0〜1.5g/0.6g〜1.0g(HEQA01使用時)
●自重/10g

MC型カートリッジでは、コイルの巻数を減らすとインピーダンスが小さくなりますが、同時に出力電圧が下がってしまう、という問題があります。本カートリッジでは、SH-μXという特殊ハイμのコアに、55μmという極太の無酸素銅を巻き、磁気回路には強力なネオジウム磁石を用いて、0.8Ωという超低インピーダンスでありながら、0.35mVという高い出力を確保するのに成功しています。振動系には無垢のボロンカンチレバーを採用してトラッキング特性を高めているので、レコードに刻まれた音楽信号を余すところなく忠実に取り出すことができます。
  カートリッジには「インピーダンス」以外にもう一つ「インダクタンス」という重要な特性があります。コイルの巻数を減らすとインダクタンスも低下し、位相特性が改善されます。パルス信号ではピークレベルは高くなり、トランジェント応答が鋭くなる効果があります。それにより、あたかも目の前で演奏されているような臨場感が得られます。
  また、アルミ合金ボディに漆調の塗装を施すことで、高性能にマッチした格調高い仕上げとなっています。
 

 (ご注意) HCTR01の性能を余すところなく引き出すため、プレーヤ内の配線抵抗を0.1Ω以下に下げる改善をされるようお勧めします。


参照:クボテック株式会社

参照:フォノイコライザーアンプ

入力 MM MC
入力感度 2.5mV 0.25mV
入力インピーダンス 47kΩ
ゲイン 36dB 62dB
最大許容入力 160mV 8.5mV
定格出力電圧 200mV
RIAAカーブ偏差 ±0.2dB 以下(20〜20kHz)
再生位相偏差 ±1°以下(20〜20kHz)
寸法(WHD) 223 x 83 x 370 mm
重量 4.6Kg

\472,500  

Phono Equalizerの目的はRIAA曲線で変調された信号を再生時に元に戻すことですが、従来のイコライザーではf特(音圧周波数特性)のみの復調精度が追求されており、位相シフトがイコライジングの途中で発生していました。■HEQA01では、f特だけでなく位相も含めてフラットに復元できる回路を採用し、この欠点を取り除くことに成功しました。位相特性を重視したHCTR01(MCカートリッジ)の特性を100%発揮させることができます。■イコライザー回路にはNF+CR型を採用しており、まずNF型ローブースト回路でRIAAカーブの低域を補正し、CR減衰回路で高域のロールオフ補正を行っています。入力バッファーにはアナログデバイセズの超低雑音オペアンプAD797、NF型ローブースト回路と出力バッファーにはTIの超低雑音高速オペアンプOPA627という最高の性能を発揮できるチップを採用しています。■位相特性を重視した設計で、RIAA回路を介して信号を入れた際の出力は、ゲインも位相も可聴帯域全域にわたってフラットになっています。ちなみに仕様では、20Hz〜20kHzにおける再生位相偏差は±1°以下、RIAA偏差は±0.2dB以下となっています。■また、消磁回路を搭載しており、レコード再生中にパネルのデガウスボタンを押すと、リレーで入力をショートし、コア材の帯磁を除去します。

フォノイコライザーアンプ

HEQA01

モッピー!お金がたまるポイントサイト

HCTR01 Mark II

■超低インダクタンスMCカートリッジ:HCTR01 Mark II

タイプ Moving Coil
内部インピーダンス 0.4Ω (AC 1kHz)
インダクタンス 0.3μH (AC 1kHz)
カンチレバー ボロン
適正針圧 0.8 - 1.2g(HEQA02とのセット使用で0.5 - 0.8g)
自 重 10g
特 長 低位相シフト型

HCTR01よりも更にインダクタンスとインピーダンスを大幅に下げ、音質を劇的に向上した、電流出力型HCTR01 Mark IIを開発した。
カートリッジとフォノイコライザーは、一つの回路として一体で開発されるべきものであり、HCTR01 Mark IIの性能を余すことなく発揮させる為に、フォノイコライザー・アンプHEQA02も一体として開発。この2つを合わせたセット製品を「高精度LPデータ・ピックアップ・システム」としてリリース。
HCTR01 Mark IIの適正針圧は0.8 -1.2gだが、HEQA02とセットで使用することで、より多くの電流が流れる。それによりトレース能力が上がり、針圧を0.5 - 0.8gで使用することができ、LPに込められたより多くの情報を引き出すことができる。
この「高精度LPデータ・ピックアップ・システム」を使用することで、今まで誰も経験したことがない音を聴きけるようになった。

セット価格 1,200,000円(税別)

PDF

HEQA02