フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

audio-technica (5) へ戻る

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

All the Cartridges へ戻る

フォノカートリッジ、カートリッジ、アナログ

Copyright (C)  2005~2017 All the Cartridges, All rights reserved

http://cartridges-navi.com/

audio-technica

audio-technica (6)

audio-technica6のフォノカートリッジ情報、試聴記を掲載したページ


All The Cartridges

■楕円スタイラスチップと高硬度ジュラルミンテーパーパイプカンチレバー。10Ωミドルインピーダンス仕様。磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネットとコイルにPCOCC採用。 高セパレーション、ワイドレスポンスのデュアルムービングコイル。不要な振動を抑えるVCモールド。不要な振動を抑える「ハネナイト」制振ゴム。

●再生周波数範囲/ 15~50,000Hz
●出力電圧/ 0.3mV(1kHz、3.54cm/sec.)
●チャンネルセパレーション/ 30dB(1kHz)
●出力バランス/ 0.5dB(1kHz)
●針圧/ 1.8~2.2g(2.0g標準)
●コイルインピーダンス/ 10Ω(1kHz)
●直流抵抗/ 10Ω
●負荷抵抗/ 100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
●コイルインダクタンス/ 22μH(1kHz)
●スタチックコンプライアンス/ 40×10-6cm/dyne
●ダイナミックコンプライアンス/ 10×10-6cm/dyne(100Hz)
●針先形状/ ムク楕円 0.3×0.7mil
●カンチレバー/ ジュラルミンテーパーパイプ
●垂直トラッキング角/ 23°
●外形寸法 /H16×W16.6×D26.5mm
●質量/ 6.9g

☆楽天で AT-ART9を探す☆

¥140,000.(税抜)
2013年12月13日発売

AT-ART9

磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネットと
パーメンジュールヨークを採用。50周年記念モデルで開発され
た強力な磁気回路をベースに、シリーズ最高の音質を追求した
AT-OC9/III の振動系を搭載。繊細な表現と力強さ。

AT-ART7 を継承した不要な寄生共振を抑えるハイブリッドボ
ディ。マグネットには、最大エネルギー積、BHmax:50[kJ/m3]の
ネオジウムマグネットを採用。ヨークには高い飽和磁束密度を
持つ、パーメンジュールを採用。コイルギャップ部の集中磁界を
さらに強化。

アルミニウム削り出しベースを採用。ハウジングにはアルミニ
ウム削り出し材、カバーに硬質樹脂材を用い、寄生共振を
分散させクリアな音質を再生。高セパレーション、ワイドレス
ポンスのデュアルムービングコイル。

特殊ラインコンタクト針とφ0.26ソリッドボロンカンチレバー。
スタイラスチップは AT50ANV に採用された先端曲率半径
40μm×7μmの特殊ラインコンタクト針をφ0.26mmソリッド
ボロンカンチレバーへ埋め込み接着、針先で読み取られた
音楽信号を正確に発電コイルに伝える。

高音質・真鍮取り付けビス。シェルとの取り付け用に真鍮ビス
を付属。本製品の高音質と最良のマッチング。

コイルにPCOCCを採用。PCOCCは伝送方向に結晶粒界を
生じないため、ピュアな伝送を実現。


●形式/MC型
●再生周波数範囲:15Hz~50kHz
●出力電圧:0.5mV(1kHz、5cm/sec.)
●chセパレーション:30dB(1kHz)
●出力バランス:0.5dB(1kHz)
●針圧:1.6~2.0g(1.8g標準)
●コイルインピーダンス:12Ω(1kHz)
●直流抵抗:12Ω
●負荷抵抗:100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
●コイルインダクタンス:25μH(1kHz)
●スタチックコンプライアンス:35×10-6cm/dyne
●ダイナミックコンプライアンス:18×10-6cm/dyne(100Hz)
●針先形状:特殊ラインコンタクト
●カンチレバー:φ0.26mmソリッドボロン
●垂直トラッキング角:23°
●外形寸法:H17.3×W17.0×D25.6mm
●質量:8.5g

■A'pis

■AUDIOCRAFT

■audio-technica (1)

■audio-technica (2)

■audio-technica (3)

■audio-technica (4)

■audio-technica (5)

■audio-technica (6)フォノカートリッジ,カートリッジ,アナログ

■BENZ MICRO(1)

■BENZ MICRO(2)

■Bluenote

■CLEARAUDIO

■DENON (1)

■DENON (2)

■Dynavector

■EMT

■GRADO

■IKEDA

■光悦

■KUBOTEK

■LINN

■LYRA

■MICRO

■My Sonic Lab

■NAGAOKA

■ORTOFON (1)

■ORTOFON (2)

■ORTOFON (3)

■ORTOFON (4)

■ORTOFON (5)

■PhaseTech

■PICKERING

■PRESENCE AUDIO

■RED ROSE MUSIC

■REGA

■ROKSAN

■SHELTER

■SHURE

■SHURE V15(1)

■SHURE V15(2)

■SHURE V15(3)

■SHURE V15(4)

■SONOVOX

■STANTON

■SUMIKO

■TECHNICS

■Van den Hul

■Victor

■Wilson Benesch

■Yamamoto Sound

■ZYX

■47Laboratory


■オーディオ日記


■カートリッジ掲示板

カートリッジ音質評価掲示板

■LINK

■メール

■LPレコード

■MCトランス
きめ細やかな音から雄大な表現まで豊かに魅せるシリーズ最高の音質を追求した。特殊ラインコンタクト針とφ0.26ソリッドボロンカンチレバー。アナログレコードに刻まれた音楽信号をくまなく読み取ります。磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネットとパーメンジュールヨーク。コイルキャップ部の集中磁界をさらに強化し、高音質再生が行なえます。コイル、ターミナルピンにPCOCCを採用。PCOCC(単結晶状高純度無酸素銅)で雑味の無い、ピュアな伝送が可能に。高セパレーション、ワイドレスポンスのデュアルムービングコイル。L、Rをそれぞれ独立して発電させ、セパレーション特性の向上を図ります。不要な振動を抑えるVCモールド。チタン酸カリウムを配合した硬質合成樹脂で高強度、高酸化を実現。剛体化設計に徹した強靭なボディ。アルミ合金をベースに硬質樹脂で寄生共振を抑え、クリアな音を再生します。高音質・真鍮取り付けビス。最良のマッチングを考慮し、真鍮ビスを採用。

 
●再生周波数範囲/15~50,000Hz
●出力電圧/ 0.4mV(1kHz、5cm/sec.)
●チャンネルセパレーション/ 30dB(1kHz)
●出力バランス/ 0.5dB(1kHz)
●針圧/ 1.8~2.2g(2.0g標準)
●コイルインピーダンス/ 12Ω(1kHz)
●直流抵抗/ 12Ω
●負荷抵抗/ 100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
●コイルインダクタンス/ 25μH(1kHz)
●スタチックコンプライアンス/ 35×10-6cm/dyne
●ダイナミックコンプライアンス/ 18×10-6cm/dyne(100Hz)
●針先形状/ ラインコンタクト針(先端曲率半径 40×7μm)
●カンチレバー/ φ0.26ソリッドボロン
●垂直トラッキング角/ 23°
●外形寸法/ H17.3×W16.8×D25.7mm
●質量/ 8.0g

AT33EV

※発売:2008年11月
定価:57.750円【税込】

atoc9

AT-OC9/Ⅲ

¥65,625

AT-F7

■高セパレーション、ワイドレスポンスを特徴とするデュアルムーイングコイル方式を採用したMC型カートリッジ。


●形式/MC型
●再生周波数範囲/15~50,000Hz
●出力電圧/ 4mV(1kHz、5cm/sec.)
●チャンネルセパレーション/27dB
●針圧/1.8~2.2g
●コイルインピーダンス/12Ω
●外形寸法/ 16.8W×17.3H×25.4Dmm
●質量/5.0g

¥31,500(税込)発売:2010年春

AT-F7

AT33ANV

45周年記念モデルのMCカートリッジ。限定生産品。AT33ANV左右のコイルを逆V字型に取り付けた、デュアルムービングコイル型。楕円スタイラスチップや高硬度ジェラルミンパイプカレンチレバー、超高純度のPCOCC6Nコイルなど、こだわりの技術を投入した。インピーダンスはAT33シリーズ初の10Ω。発表会での説明によると、設計は若手の技術者に主導権を渡し行われたとのことで、特に中音域に量感を持たせた音に仕上がっているとのこと。


●形式/MC型
●再生周波数範囲:15Hz~50kHz
●出力電圧:0.3mV(1kHz、5cm/sec.)
●chセパレーション:30dB(1kHz)
●出力バランス:0.5dB(1kHz)
●針圧:1.8~2.2g(2.0g標準)
●コイルインピーダンス:10Ω(1kHz)
●直流抵抗:10Ω
●負荷抵抗:100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
●コイルインダクタンス:22μH(1kHz)
●スタチックコンプライアンス:40×10-6cm/dyne
●ダイナミックコンプライアンス:13×10-6cm/dyne(100Hz)
●針先形状:ムク楕円 0.3×0.7m
●カンチレバー:ジュラルミンパイプ
●垂直トラッキング角:23°
●外形寸法:16.6W×16H×26.5Dmm
●質量:6.9g

¥52,500(税込)発売:2006年11月24日

AT-ART7

50周年記念モデル AT50ANV の基本設計を踏襲し、細部を磨き上げた空芯MC型カートリッジ。
空芯MC型カートリッジ AT50ANV の基本設計をそのままに、コイルの巻枠を純チタン製アーマチュアから新開発液晶ポリマー製アーマチュアに変更。AT50ANV に比べ、さらなる振動系の軽量化に成功したうえ、空芯型特有の非常にナチュラルで透明感のある音質と立体的な音場表現を得意としている。

振動系の構成材として優れた特性を備えた液晶ポリマー製アーマチュア採用。
コイルの巻枠に採用された液晶ポリマーは、優れた機械的強度を持つばかりでなく、製品が薄くなるほどその機械的強度が増すといった特異な性質を持つため、カートリッジの振動系を構成する最適な材質といえる。また高強度でかつ高い振動吸収特性を持つため、発電時における不要な振動を抑制し一層の高音質化を実現している。

新設計磁気回路の採用により、空芯MC型の弱点といわれていた中低域の再生能力と帯域バランスを改善。
磁気回路は、体積比で2倍に相当(当社鉄芯MC型比)する大型サイズのネオジウムマグネットを採用。(最大エネルギー積、BHmax:50[kJ/m3])マグネットの周囲に配置されるパーメンジュール材を用いた磁気回路部品も新規に設計し、コイルギャップ部の集中磁界を最大限に強化した。

音楽信号を高精度で読み取る特殊ラインコンタクト針とφ0.26mmソリッドボロンカンチレバー。
スタイラスチップは AT50ANV に採用された先端曲率半径40μm×7μmの特殊ラインコンタクト針をφ0.26mmソリッドボロンカンチレバーへ埋め込み接着し、針先で読み取られた音楽信号を正確に発電コイルに伝える。

アルミニウム削り出しベースを採用。
磁気回路と振動系を支えるベース部にはアルミニウム削り出し材を採用し、安定した再生能力を支える強固な土台としての役割を果たしている。

不要な寄生共振を抑えるハイブリッドボディ。
ハウジングにはアルミニウム削り出し材、カバーに硬質樹脂材を用い、寄生共振を分散させクリアな音質を再生。

希望小売価格 ¥115,000.(税抜)

2012.11.16発売

型式 空芯MC型
再生周波数範囲 15~50,000Hz
出力電圧 0.12mV(1kHz、5cm/sec.)
チャンネルセパレーション 30dB(1kHz)
出力バランス 0.5dB(1kHz)
針圧 1.6~2.0g(1.8g標準)
コイルインピーダンス 12Ω(1kHz)
直流抵抗 12Ω
負荷抵抗 100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
コイルインダクタンス 8μH(1kHz)
スタチックコンプライアンス 35×10-6cm/dyne
ダイナミックコンプライアンス 10×10-6cm/dyne(100Hz)
スタイラス 無垢特殊ラインコンタクト針
カンチレバー φ0.26mmソリッドボロン
垂直トラッキング角 23°
外形寸法 H17.3×W17.0×D25.6mm
質量 8.5g
 付属品:非磁性体ドライバー×1、ワッシャー×2、プロテクター×1、
カートリッジ取り付けビス 12mm×2、18mm×2、ナット×2、
ブラシ×1、PCOCCリード線セット×1
 別売:針交換(税抜 ¥80,500.)

audio-technica (7) へ進む

オークファン無料会員登録はこちら

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピー!お金がたまるポイントサイト